ホーム 設計図 ショップのご利用方法注文・見積・問合せ

title

フネの選び方


フネの選び方

フネを選ぶ基準となる要素を挙げてみると主に次のようなものがあるだろう。
もちろん選ぶ基準は人によってそれぞれなので参考までに。

●デザインから選ぶ
フネの形もいろいろ。好みがあるだろう。
●フネの性格から選ぶ
操縦性、安定性などの問題。回転性が大きく操るのが楽しいフネがいいのか、直進性を求めるのか、安定性を第一に求めるのか。スピードを求めるのか。
●使用目的から選ぶ
主にどこでどういう使い方をするのか。1人乗りか2人乗りか。
キャンプをしながら何日もかけてツーリングしたい。かなり流れの速い川で川下りを楽しみたい。波の無い池で釣りをする。あるいは、川下りも釣りもいろいろやりたい。など使い方もいろいろ。
●工法から選ぶ
主にストリププランキング工法、スティッチ&グルー工法などがあるが作り方によって完成艇の見た目はずいぶん違う。
●作りやすさで選ぶ(自作する場合)
作る場所はあるか。ストリププランキング工法のボートでもハル(船体)の曲線のラインを出すのが簡単なものも難しいものもある。ガンネルやデッキは先端部のシアラインのカーブが小さいものの方が作り易い。
●大きさから選ぶ
運搬の問題は重要。自動車のルーフキャリアで運ぶ場合長さは大丈夫か。(長さの積載制限は、自動車の長さ×1.1。はみ出しは、自動車の長さ×0.1まで)それから保管場所があるかも問題。


仕様表の見方

全長艇の最大長。シーカヤックの場合通常ラダーは含まない。
最大幅(全幅)艇の最も広い部分の幅。上図ではガンネル幅と一致しているが、タンブルホーム型のカヌーではハル(船体)の一番広い部分の幅になる。
喫水幅設計上の喫水の最大幅。喫水を4インチで設計しているフネでは4インチWL幅とも言う。
ガンネル幅左右のガンネルの外側の最大幅。艇の最大幅と一致する場合もある。
バウ高さフネの一番底から船首(バウ)の先端までの高さ。
スターン高さフネの一番底から船尾(スターン)の先端までの高さ。
中心深さフネの中心で測った、フネの一番底からガンネルの縁までの高さ。
喫水水中に沈んでいる部分の深さのこと。当然のことながら実際の喫水は荷重によって変わる。カタログの数値は設計上の喫水である。
排水量設計上の排水量。設計上の喫水線になるための総重量(フネの重量+人間+荷物)。
没水面積設計喫水線より下の船体が水に接している部分の面積。
WI設計喫水線からフネを1インチ沈めるために必要な荷重。WIは“Weight to immerse”の略。
Cp肥痩(ひせき)係数。フネの没水部分の太り具合を表す係数。数値が小さいほど痩せた形状と言える。Cpは“Prismatic coefficient”の略。
重量自作する場合は、材料や作り方によって重量はかなり変わる。
SF下記を参照
最適荷重ボートの性能を十分にかつ安全に発揮できる重量の範囲。ボート自身の重さとパドラーや荷物を合わせた総重量。

カヌーのスペック


安定性について

フネを選ぶときに、そのフネの安定性は重要な要因です。特に初心者にとっては安定性の大小は大きな問題でしょう。
今までに安定性は具体的に数値で表されることはほとんどありませんでした。安定性を判断するにはフネの幅の広さによって推測するしかありませんでした。一般には、幅の広いものが安定性が高いと考えられています。これは間違いではありませんが、フネの幅は安定性を決める数多くの要因の中のひとつでしかありません。実際には安定性を決めているのは幅だけではなく船体の断面形状などが複雑に関係しています。
ボートデザイナーであるスティーブ・キリング氏によって安定性が一目で分かるようにSF(Stability Factor)が計算されました。スタビリティーファクターとは、「安定因数」とでも訳せばよいだろうか。
SF値は、フネを15°傾斜させたときの浮心(浮力の中心点)を通る垂直線とフネの中心線の交点の高さなどから計算されています。分かりやすく言うと、フネを15°傾斜させたときにどれだけ元に戻りやすいかを表しています。この数値は安定性を判断する指標となるもので、数値が大きいほど安定性も大きくなります。
SF値100を基準にして、それより大きければ非常に安定性が高く、初心者でも安心して乗ることができるでしょう。
カヌーSF値
C1マラソンレーシング18′6″49
13′ロブロイ(注1)71
16′J.G.ブラウン74
16′カナディアン86
15′ハイアワサ88
15′9″ヒューロンクルーザー92
16′シャンプレーン92
17′ソロデイトリッパー92
17′6″レッドバード92
フリーダム15/3&16/295
15′6″コテージクルーザー97
フリーダム1798
15′ボブスペシャル100
ノマド17102
16′プロスペクター103
フリーダム15104
15′レンジャー104
チャークリーク19/9105
フリーダム17/9111
カヤックSF値
ベンチャー 14′(注1)72
エンデバー 17′100
レゾリュート 16′6″121
リライアンス 20′6″121
トゥルーノース 19′3″124

ローボートSF値
ストーニーレイク 16141
オンタリオホワイトホール168
ライスレイク 13′9″169

    乗りこなすには技量と経験が必要でしょう(「13′ロブロイ」と「ベンチャー 14′」を除く)
    多少の技量が必要ですが経験があれば快適なパドリングが楽しめるでしょう
    ほとんどのパドラーにとって快適なパドリングが楽しめるでしょう
    非常に安定性が高く初心者でも快適なパドリングが楽しめるでしょう

(注1)「13′ロブロイ」と「ベンチャー 14′」のSF値について
これらのボートは一人乗りでかつボートの低い位置(底の近く)に座ってパドリングするように設計されています。 そのため計算上のSF値は小さいものとなっていますが、実際には非常に安定性が高く快適なパドリングが楽しめます。

SF値は排水量400ポンドで計算されています。(一人乗りボートの場合は250ポンドです)

比較表

カヌー全長×全幅
  (cm)
最適荷重
  (kg)
ハルタイプパドラー








13′ロブロイ396×7050-114非対称1
セバーゴ 14427×96対称1or2
15′ボブスペシャル457×91159-245対称1or2
15′ハイアワサ457×8468-177対称1or2
15′レンジャー457×8568-204対称1or2
フリーダム 15457×9068-204非対称1or2
フリーダム15/3&16/2465(493)
×76
68-150非対称1
15′6″コテージクルーザー472×9168-204対称2
15′9″ヒューロンクルーザー480×83127-204対称2
16′カナディアン485×81127-177対称2
16′シャンプレーン488×83127-204対称2
16′J.G.ブラウン488×76127-177対称2
16′プロスペクター488×89159-245対称2
マレシート 16487×91対称2
フリーダム 17518×8568-232非対称1or2
ノマド 17518×89159-309対称2
17′ソロデイトリッパー518×7968-113非対称1
17′6″レッドバード533×97127-232対称2
フリーダム 17/9541×91182-309非対称2
C1マラソンレーシング18′6″564×8168-114非対称1
チャークリーク 19/9602×85-非対称3

カヤック全長×全幅
  (cm)
最適荷重
  (kg)
パドラー特徴
ベンチャー 14′427×5641-911スポーツカヤック
レゾリュート 16′6″503×6559-1141レジャー、ツーリング
エンデバー 17′518×6068-1181レジャー、ツーリング
トゥルーノース 19′3″586×64136-2081レジャー、ツーリング
リライアンス 20′6″625×73114-2722タンデムカヤック

その他のボート全長×全幅
  (cm)
最適荷重
  (kg)
特徴
ライスレイク 13′9″419×12181-272トラディショナルスキッフ
オンタリオホワイトホール486×11973-354モダンバージョンのクラシックボート
ストーニーレイク 16487×10681-272ダブルエンドローイングスキッフ

■表の見方
・最適荷重
ボートの性能を十分にかつ安全に発揮できる重量の範囲。カヌー自身の重さとパドラーや荷物を合わせた総重量。もちろんこの値を超えてもカヌーは沈むことはないが性能を十分に発揮できなくなるでしょう。
・ハルタイプ
伝統的スタイルのカヌーは通常、船体の前後が対称な形になっています。パドラーはどちらの向きにも進むことができます。近代的デザインのカヌーは前後が非対称な形になっているものがよく見られます。前方が細くて尖り、後方がやや膨らんでいます。この形状によってスピードが出やすくパドリングも楽になります。
・レジャー
レーシング用以外ならとりあえず遊びには使えるでしょう。
・ツーリング
ある程度たくさんの荷物が積めてスピードも出しやすいものを○とした。
・リバー
ロッカーが大きく、回転性の大きいものを○とした。




ホーム 設計図 ショップのご利用方法注文・見積・問合せ

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase