ホーム カヌー自慢

title

カヌー自慢 3

■高橋さんから<第3弾>(神奈川県)
高橋さんとボブスペシャル 静かな湖面
本人のコメント
「唯一、一艇のボブスペシャルをあちらこちら連れまわしています。
最近では千葉県の房総半島の亀山湖に行っています。ここは以前から有名なフィールドだったらしいのですが最近知りました。
千葉の房総の地形は複雑な起伏のある地形で、その地形から人工のダム湖とはいうもののカヌーに乗っていても行く先が見えないのです。 だから、あの木をまわったらどんな景色が待っているか楽しいフィールドです。 また「文宝洞」というところがあり、ここは、湖面をまたぐように洞穴があいています。 不思議な感じがしました。」

「文宝洞」 「文宝洞」をくぐる
岩肌もあらわ 都会の近くでもこんなところがあるんですね!
まるで秘境みたい!(^o^) (永瀬)

■上田さんから(奈良県)
木津川カヌー広場 子供さんと琵琶湖にて
本人のコメント
「私のエンデバーの写真を添えました。 エポキシを硬化させる時に温度が低かったので車の塗装ブースで乾燥させたのですが デッキの後ろ側で歪んでしまいました。ストリプ材の接着が弱かったんでしょうね。
コックピットの前に もみじの葉を1枚埋め込んでいます。新緑の葉を取ってきてアイロンがけした物を使いました。 最初は若葉の緑色でしたが、日がたつにつれて枯れ草のような色になってしまいました。 紅葉の色か枯葉色のほうがいいと思います。枯葉もしたのですが、軸に厚みがあって気泡が入り失敗しました。」

木の葉のデコレーションいいですね。私も試してみたいと思います。(永瀬)

カートップしたエンデバー コクピット前のもみじ

■ 関東学院中学・高等学校さんから(神奈川県)
学校の課外授業としてカヌー製作に取り組まれた関東学院中学・高等学校の先生から写真を送っていただきました。
「・・・生徒が熱中して何事かに取り組んでいる様子を見て教員はこれでよかったのだと安心いたします。」とのコメントもいただきました。
完成後には進水式を兼ねたキャンプを実施されたいうことです。
カヌーは15′ボブスペシャルです。

このように学校での課外授業としてカヌー製作はとても好評のようですね。作って楽しい、乗って楽しい。子供が喜ばないはずはないですね。

製作初期 プランキング

完成! 保護者の皆さんと

みんなで記念写真 カヌーサイコー!

■ 高橋さんから<第4弾>(神奈川県)
毎度登場の高橋さんからの新しい写真です。
「ご無沙汰いたしておりました、ここのところ寒いのでカヌーで遊ぶには少々つらいところがありますが、それでも例によって唯一一艇のボブスペシャルを車に乗っけてうろついています。 近くは多摩川(神奈川と東京の境)稲田堤、ちょっと遠くは先月行った渡良瀬遊水地。 渡良瀬遊水地は栃木と群馬と千葉の堺にある谷中湖というところです。 とっても広いところですが景色はあまり変化のない所です。右の写真の煙は野焼きかと思いきや火事でした。」

とても広い池 火事の煙

■ y-usd2さんから(栃木県)
掲示板の常連、y-usd2さんから進水式の写真が届きました。以下は本人さんからのコメントです。

「こんにちは。いつもお世話になっております。 HPの掲示板にも書き込みましたが、3月3日(日・ひな祭り)に予定通り進水式を行う事が出来ました。ネットで知り合ったカヌー仲間がお二人、自作のウッドカヌーを持って参加してくれました。
ボブスペシャル、良いですね。実際、進水式でも好評でした。
と言う訳で、進水式の写真を送ります。 確か、永瀬さんのHPの中の「カヌー自慢」にはJPGで3枚程度と書かれていたように記憶しているんですが、厳選に厳選して6枚になってしまいました。」

私もお世話になりましたので6枚全部載せちゃいましょう。(永瀬)

友人登場 ボブスペシャル

ステムまわり 中央部

初めてカヌーに乗った瞬間 気持良さそう

■ 高橋さんから(島根県)
高橋さんといっても毎度登場の神奈川の高橋さんとは別人です。
こちらの高橋さんは島根県邑智町の「カヌーの里おおち」の研修生として1年間研修されていた方です。このカヌーは卒業制作として作られたものです。
もう一人の研修生と同時に作ったので2艇あります。
満足行かない点もあったということですがいい記念になったことでしょう。

「カヌーの里おおち」

奥が高橋さんのカヌー こちらは手前が高橋さんのカヌー


ホーム カヌー自慢

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase