ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方

title

道具

いろいろな手道具 日本の大工道具、特に刃物は大変優れていて海外でも大変人気がある。
私が習ったワークショップのオーナーは胴突きノコギリを大変気に入っていた。私がアメリカにいた時はほとんどがアメリカの道具だったので、初めは使ったことのない道具に戸惑ったが使っているうちにすぐに馴れてきた。
アメリカの道具でこれは良いと思ったものもいくらかある。
スポークシェーブ、キャビネットスクレーパー、大型のウッドクランプは便利。

いろいろな手道具 カヌーを作るのに特殊な道具はほとんど必要ありません。一般的な木工用の道具でほとんど事は足ります。
ストロングバック、ステーションモールド、カヌーを全てキットで購入すれば必要な道具はほんの僅かですむことでしょう。
道具を一覧表にしたので参考にして下さい。



■必ず必要な道具

 
ノコギリとにかくこれがないと始まらない。ストリプ材をカットするときは刃の細かいノコギリがよい。
ガンタッカー
(ステーパー)
これは、ホッチキスの強力版の様な物で、ウッドストリップカヌーの製作には欠かせない物である。ストリプ材をモールドに固定したり、ストリプ材どうしを繋ぎ合わせていくのに使う。また、ウッドキャンバスカヌーでも、キャンバスを仮止めしておく時などに使う。
平カンナ木を削るのに使う。
カッターナイフ、小刀木を削るのに必ず必要。
サシガネ、メージャーサシガネは直角を出すこともできる便利な道具。メージャーは必須。完全な直角を測るにはスコヤが良い。
C−クランプものを挟んで固定する。ステム材を張り合わせて曲げる時や、ガンネル材を繋ぎ合わせるとき、ガンネルをハルに仮止めするときなどに必要な道具だ。沢山あればある程良い。
また、幅の広い板などを固定できるハタガネや洗濯バサミの強力版のようなスプリングクランプもあると便利だ。
サンドペーパー各部の研磨に。ハルの荒削りは#80位で始め、#200位で仕上げる。
スクリュードライバーいわゆるドライバーのこと。プラスは木ネジの締め付けに使う。マイナスはステープルを抜くときに使う。
ペンチステープルを引き抜くのに使う。
カナヅチ中型のゲンノウを一つ備えておきたい。他にプラスチックハンマーやゴムハンマーもあると便利だ。


■あると便利な電動工具

いろいろな電動工具 電動ドリルはあった方がよいだろう。
あとは必ず必要というわけではないが、使えば作業は楽で早い。
ただし、ストロングバックやモールドから作るならば、電動丸ノコ、ジグソーなどが必要だろう。
 
電動丸ノコ直線を切るのに大変便利。(ストロングバックの板材など)
ジグソー曲線を自由自在に切ることができる。(モールド材など)
電動ドリル各部の穴あけに必要。
電動ドライバードリルドライバーとドリルの両方の機能を供えている。ドライバーは、ストロングバックやモールドの組立、ハルにガンネルを取り付ける時などに木ネジを締め付けるのに使う。実際にやってみると分かるのだが、手で木ネジを締め付けるのは結構大変である。 これは、人間の何十倍の働きをする。是非一つ備えたい便利な道具である。DIYショップで安売りなら1万円前後からある。コードレスタイプならさらに便利だ。
電動サンダーハル表面の研磨などに使う。
トリマ、ルーターガンネル、シートなどの面取りに使うと便利。


■他にあると便利な道具など

ノミ幅の広いものと狭いものが数種類あると良い。シートのホゾ加工などに。
木工用ヤスリ研磨に使用する。細部の調整に便利だ。
スポークシェーブ日本の道具では「南京カンナ」というカンナと同じ様なもの。曲線の削りには大変便利。
スクレイパーFRPや硬い木材の研磨に大変便利。曲面でも使える。
自在スコヤ自由な角度を写し取ることができる。
キワカンナハルのセンターラインを削るときに便利なカンナ。
レベル(水準器)水平、垂直の測定に。ストロングバックやステーションモールドのセッティングに使用する。
スミツボ長い直線を引くのに便利な道具
ノギス厚さ、外形、内径、深さなど高い精度で測定できる。
ケヒキ材料の縁に沿って平行な線を引く道具。ステム材のセンターラインを引くときなどあると便利


■FRPコーティングに使う道具

ポリエステル樹脂を使う時とエポキシ樹脂を使う時とでは用意する道具が多少違う。  
混合容器樹脂と硬化剤を混合する容器。
ローラーハケ樹脂を塗る。
脱胞ローラー金属製のローラー。空気のアワを取り除くのに使う。
ハケ樹脂を塗る。
ハサミファイバーグラスクロスをカットする。大きいものがよい。
スポイトポリエステル樹脂の硬化剤を計り取る。
ミキシングポット混合用の容器。エポキシ樹脂は少量ずつ混合するので、小さめのミキシングポットを複数用意する。
スクイージースクイージングに必要なプラスチック製のヘラ。


カンナやノミの切れ味は良いですか?
切れない刃物では良い仕事が出来ません。またケガの元です。
これを機会にぜひ刃物の研ぎ方をマスターして下さい。

刃物の研ぎ方

「工具」


ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase