ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方

title

プライウッドカヌー&カヤックの作り方

プライウッドカヌーの断面 船体は数枚のプライウッド(合板)を組み合わせて作る。組み合わせる方法はステッチ&グルー工法が一般的だ。
ステッチ&グルー工法は、モールド(型板)を使用しないので比較的簡単に作ることのできる方法である。
また、材料費も非常に安く上がる。
合板の継ぎ目は角張るので、全体が滑らかな曲線に覆われた船体を作ることはできない。

まずは専用の図面を用意する。キャンバスカヌーやストリプカヌーとは基本的な構造が異なるのでこれらの図面は使えない。

スカーフジョイント 材料の合板の厚さは、3〜5ミリくらいで、耐水性に優れたものがよい。
合板のサイズは180×90センチのものが手には入りやすいが、これではカヌーの長さに足りないので継ぎ足さなければならない。図のようにスカーフジョイントで継ぎ足す。
接着剤は耐水性と強度に優れたエポキシ系接着剤を使用する。
材料が準備できたら部品の型を書く。
ジグソーで部品を切り抜く。

ステッチ&グルー工法

ステッチ&グルー工法 ここからステッチ&グルー工法によって組み立てていく。ちなみに、”ステッチ&グルー”を直訳すると「縫い合わせて接着する」という意味である。
まず、板の端に針金が通るほどの穴を空ける。つなぐ2枚の板で穴の位置がずれないように注意する。
針金を穴に通して、軽くねじって仮止めする。(最初からきつく固定しないで余裕を持たせておく)
全体が針金で固定できたら、徐々に針金を締めてしっかり固定していく。
マイナスドライバーの先などで内側の針金を角に押しつける。内側の角に充填材(フィラー)を塗る。板の隙間にしっかり入るように充填する。(外側からはみ出すくらいでよい)
エポキシ樹脂とファイバーグラスクロステープで内側の継ぎ目を接着する。
外側でねじった針金を根本から切り取りヤスリで平らに仕上げる。内側からはみ出した充填材もきれいに研磨しておく。
継ぎ目を外側からエポキシ樹脂とファイバーグラスクロステープで接着する。
強度を増すため、最後に外側全体にファイバーグラスクロスをかけてFRP加工してもよいだろう。
以上のように針金の一部を残す方法もあるが、接着剤で仮止めしたあとで全て取りはずしてもよい。

ガンネル、デッキなどのトリミングは他のカヌーと同様なので省略する。
詳しくは「ストリプカヌーの作り方」のページをどうぞ。

カヤック

この工法ではカヤックに発展させるのも簡単である。
デッキは1枚板のものもあるし、複数の板を組み合わせたものもある。
ハルとデッキの接合方法は大きく2種類の方法がある。ひとつは、スティッチ&グルー工法によるもの。もうひとつはシアクランプ材を用いる方法である。

マルチパネル 1枚板のデッキ
コクピットなどについては省略する。
詳しくは「ストリプカヤックの作り方」のページをどうぞ。

ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase