ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方 [1/4]

title

バーチバークカヌーの作り方

バーチバークカヌー まずバーチバークカヌーを作る手順を簡単に説明しておく。
バーチバークカヌーは平らな地面の上で作られる。インウェールにあらかじめスウォートを組み付けた物を地面に置き、 その縁に沿って杭を立てる。杭をいったん取り去り、樹皮をしき、樹皮をめくりながらまた同じ穴に杭を立てる。 次に、立ち上がった樹皮に初めのインウェールを固定する。アウトウェールや船首材を組み込み、 内側の縫い目に樹脂を塗る。外板を敷いてからリブ材を打ち込んだら完成である。

バーチバークカヌーの部品を組み立て順に並べてみると次のようになる。
  • 中央スウォート(1本)
  • 4分の1スウォート(2本)
  • 両端のスウォート(2本)
  • インウェール材(2本)
  • 木釘(ペグ)
  • バーチの樹皮
  • クロトウヒ又はストローブマツの根を裂いたもの
  • アウトウェール材(2本)
  • デッキ・フラップ(2枚)
  • 船首材(ステム)(2本)
  • ピッチ
  • 外板
  • リブ材(40〜50本)
  • ヘッドボード(2個)
  • 乾いた鉋屑、又は乾燥した苔
  • ガンネル・キャップ(2本)
  • ヤマアラシの針(模様をつける場合に使用する)

作業の手順を次の7つの行程に分けて説明していく。
  1. 作業台の準備
  2. 樹皮の組み立て
  3. ガンネルの固定
  4. 樹脂を塗る
  5. 外板を敷く
  6. リブ材の組み付け
  7. 仕上げ


ホーム アーカイブ ウッドカヌーの作り方

Hiro Wooden Canoe Shop
Copyright(C)1997-2013.Hironori Nagase